ビックカメラとヤマダ電機がネット通販に順次後払い「Paidy翌月払い」を導入

後払い系ニュース
ビックカメラとヤマダ電機がネット通販に順次後払い「Paidy翌月払い」を導入

多くの大手家電量販店は、後払い決済の導入をしていません。
正確には現在はしていません。
(過去何度か大手家電量販店のネット通販で後払いができました。)
いくつかの理由がるのだと思いますが、大きな理由のひとつに転売対策もあったと思います。

しかし、大手家電量販店の「ビックカメラ」と「ヤマダ電機」が自前のネット通販で「Paidy翌月払い」の導入を決めました。

Paidy翌月払いの詳細はコチラをご覧ください。

家電大手のビックカメラとヤマダ電機のネット通販で後払いが可能になる

ビックカメラとヤマダ電機、ネット通販を後払い可に

ビックカメラとヤマダ電機は15日、それぞれの運営するネット通販サイトで後払い決済を導入すると発表した。

電子決済サービス運営のPaidy(ペイディー、東京・港)が提供する後払い決済に対応する。
利用者にPaidyへの会員登録やクレジットカードは必要なく、メールアドレスと電話番号があれば使える。

決済手法の拡充で利便性を高める。

ペイディーは2014年10月に電子商取引(EC)向けの決済サービス「Paidy翌月払い」の提供を始めた。

利用者はネット通販の決済方法を決める画面から、同サービスを選択できる。クレカは要らず、メールアドレスと携帯番号を入力するとSMS(ショートメッセージ)で4桁の認証コードが届く。
コードを通販サイトに入力し、支払い回数を決めると決済が完了する仕組みだ。
翌月、同サービスで決済した代金をまとめてコンビニエンスストアや銀行振り込み、口座振り替えで支払う。

ビックカメラは同社の通販サイト「ビックカメラ・ドットコム」で12月、傘下のコジマの「コジマネット」で20年1月に導入する。ヤマダ電機の「ヤマダモール」は11月中旬から対応する。

 

ツイッターの反応まとめ

集計中。。

 

 

このニュースのまとめ

ビックもヤマダも、家電に限らず様々な商品を販売しています。
ビックカメラもヤマダ電機も実店舗では、メルペイ後払いでの購入が可能です。

ネット通販での『Paidy翌月払い』は、分割にも対応しているので購入のハードルは格段に下がるはずです。

年末商戦に合わせてきた今回の後払いのニュース。
他社家電量販店や他の後払い決済代行会社も追従するのか注目していきたいと思います。

関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

トラックバック
トラックバックURL