Paidyの後払いで現金化した話~支払いの滞納を繰り返した私の失敗談

後払い/借金の体験談
Paidyの後払いで現金化した話~支払いの滞納を繰り返した私の失敗談

Paidy翌月払いの後払いは実に便利なシステムだと思います。
手元に現金が無くても欲しいものが購入できるからです。

最近では、アマゾンなど大手ネットショップをはじめ、フリーマーケットアプリでも導入しています。

後払いの支払日はコンビニ払いだと翌月の10日。
利用限度額などはアプリで簡単に確認できます。

また、利用方法も簡単で、携帯番号とメールアドレスを入力し、送られてきた認証コードを送るだけ、たったそれだけで購入が可能です。

ここまでは、皆さんもきっと知っているであろう知識ですが、この後払い決済を使って「現金化をしよう」と思いついた人は多くないはずです。

もちろん悪用とか、転売して利益を出そうとかいう邪(よこしま)な思いからではなく、純粋に手持ちにお金が欲しいかったからです。

どうしたらそんな考えに至るのか、答えは簡単です。

ギャンブルにはまってしまった人間はこう考えるんです。

この3千円が、きっと1万円になるんだ!!」と。

勤続3年目で安定した給料もいただいていますが、月々の支払いだけで10万円。

20代男の一人暮らしですので、買いたいものは買っちゃいますし、食費もバカにはなりません。

さらにタバコが大好き、パチスロ大好きときたら貯金もままならず。
誰が見ても、お金が無くなるのは当然といったところでしょう…。

そんな私が、後払いでPaidyを利用した、事の顛末をお話ししようと思います。

 

管理人補足
後払い決済した商品を転売することはほとんどの会社で認められていません。
しかも、下手をすると法律違反になる恐れがあります。
何故なら、お金を支払うまでは商品の権利が決済代行業者にあるからです。
規約違反ですし訴えられる恐れもありますので、あくまでネタとしてお読みください。

お金を手に入れる手段として利用したPaidy翌月払い

お金を手に入れる手段として利用したPaidy翌月払い

ちょうど一年ぐらい前でしょうか、月々の支払いとギャンブルがきっかけで路頭に迷うことがありました。
債務整理を行っており、消費者金融からもお金を借りれない状況です。

幸いにも職場が長期休暇中(シーズンの変わり目で一週間ほど)で、実家に帰っていたので最低限の生活には困りませんでした。
それでも職場に復帰してからの生活がありましたので、少しでもお金が欲しいと思ったときに『Paidy翌月払い』を頼ったのです。

他社の後払いは、何度か使ったことはありますが、転売ができそうなものの後払いが使えないことが多く、以前の利用状況から審査が通る自信がなかったのも大きな理由です。

余りにも簡単に買い物ができたことを今でも鮮明に覚えています。

ただ、やはり一般的な人が後払い決済を使うのは「必要なもの・欲しいもの」を「無理のない範囲」で購入するためです。
しかし私にとっては、買った物を買い取り業者に持って行ってお金を手に入れる手段だったのです。

 

2回目の利用でまた気が緩み滞納

商品は、近所のゲーム中古ショップで簡単に現金化にできるゲームソフトと決めていました。
還元率の高いゲームソフト(1万円)をフリーマーケットアプリで探し出し、購入画面に移りました。

実は、前回の支払いが仕事の関係で1日遅くなってしまっていたので、果たして審査に通るのかが一抹の不安がよぎります。

しかし結果は、難なく審査通過しホッと一息。

購入した品も無事に届き、そのまま買い取り業者へ、うまく現金化に成功したのです。

当月はお陰様で無事に過ごすことができ、訪れた翌月10日。

ついうっかり支払いを滞納してしまったのです。

気が緩んでしまったのでしょう。

月初めアプリに連絡が来ていましたが、支払い期日をうっかり忘れてしまい、催促状が送られてきたのです。

その時は、お金はあったのですぐにコンビニで支払い事無きを得たと思っていました。

それからしばらくはお金に困ることも無くなり、Paidyを使うきっかけどころか存在すらも頭から離れていく日々が続いたのです。

 

 

生活用品の購入でPaidyを利用しようとして愕然とする

生活用品の購入でPaidyを利用しようとして愕然とする

先日、しばらく利用していない間に、アマゾンでも利用できるようになっていることを知りました。

手持ちもそれほど無いので、また安易に「Paidyの翌月払い」に頼ることにしたのです。

転売などの不純な考えではなく、普通に生活用品(主に飲食)を購入するために利用しようと思いました。

前回の利用で、延滞があっても利用ができると味を占めていた私は、なんの疑いもなくインターネットショップでカップ麺をはじめ、スナック菓子や飲み物、挙句の果てにはお酒などをカートに入れ購入画面に進みました。

およそ9千円の価格だったと思います。

そしてためらうことなく、支払い方法で「Paidy後払い決済」を選択し、送信を押しました。

ところが「決済ができません」の文字が画面に映るのです。

何度試してみても結果は変わらず。
どうやら審査に通過できなかったそうです。

当たり前のことですが、延滞を繰り返した私はとうとうPaidyを使えなくなってしまったのです。

 

困った時のPaidyが使えなくなって困った

日常的に後払い決済を使って買い物をしてる人もいれば、困った時のみPaidyを使う人もいます。

使い方は歪んでいましたが、私は後者です。

近日になって、Paidy翌月払いのサービスは、アマゾンや大手家電のネットショップも使えるようになり、も分割払いに対応できるようになり(前からあったのかもしれませんが、私は最近知りました)、便利なサービスとして提供されるようになりました。

当然の結果ですので何も言う資格はないと思うのですが、「使いたい!!」と思ったときに使いたい後払いサービスのひとつを失ってしまったのです。

今後、自分もまた利用できるようになるのかは分かりませんが、そうなった時は、現金化の手段としてではなく、本当に必要な物を計画的に購入するツールとしてお付き合いしたいと思っています。

もちろん、支払いに遅れないのは当たり前のことです。

 

あとがき

私のように歪んだ(間違ってはいないと思うんです)使い方をするのは構いませんが、大人・社会人の常識として、「支払日には遅れない」は当然のことだと忘れないでいてほしいです。

特に後払いサービスは、提供側が債権未回収のリスクを背負って世に送り出しているので尚更ですよね。

p.s
私事ですが、会社の先輩とのお約束でお金の使い方を見直し、現在はまじめに更生中です(笑)

以上、延滞を繰り返してPaidyを使えなくなってしまった私の体験談です。
ご閲覧ありがとうございました。

 

 

記事を書いた人「HIA」さん

 

管理人
管理人
後払いは、売り掛け金の一種で"ツケ払い"や”請求書払い”のことです。
リアルな世界だと、一括の月払いができる"馴染みの飲み屋さんのツケ"や"酒屋さんの御用聞き"と同じかな?
便利な分、約束の日までに返済しないと今後ツケ払いができなくなるかもしれません。
後払いの決済代行業者も審査が緩い分、不履行にはすごく敏感です。
また、未収金は最悪「債権回収業者」に委託されます。
ご利用は計画的にいたしましょう。

最近、ネットショップに限らず実店舗でも利用店舗が続々と増えています。
利用履歴はアプリだけで管理できるので、「ネットはこれだけ」という人も増えています。
支払い方法も簡単で、

  • コンビニ払いや銀行振り込みが翌月10日
  • 口座振替は翌月12日

手数料は、コンビニ払いの場合は、何度利用しても356円(税込)。 口座振替の場合、支払手数料はかかりません。
本人確認をすると分割払いも可能です。

関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

トラックバック
トラックバックURL