携帯キャリア決済後払いのしくみ~ドコモ/au/PayPayのお得な方法とデメリット

後払い決済代行会社
携帯キャリア決済のしくみ~ドコモ・au・ソフバンの使える店や口コミ

当たり前に聞くようになった『スマホ決済』。

実は、この呼び名が流行る前から携帯キャリア決済は存在していました。

最近のコロナ禍で、現金払いよりも『〇〇Pay』などのキャッシュレス決済が支流になるといわれています。

そして、ウィズコロナの時代になり、ほとんどの人が利用可能な携帯キャリア決済が見直されつつあります。

携帯キャリア決済とは、ドコモ・au・ソフトバンク(ワイモバ)各キャリアの契約者が、ネット通販や実店舗で商品代金を後払いできるシステムです。
4社共に商品代金の支払いは、携帯電話の利用料金とまとめて合算され請求されます。

  • ドコモ:d払い/ドコモ払い
  • KDDI:auかんたん決済
  • ソフトバンクまとめて支払い
  • ワイモバイルまとめて支払い

他の決算代行会社と根本的に違うところは、携帯代金と合算し支払うところです。
後日、コンビニや銀行振込で支払う必要がありません。

決済できるネットや実店舗も、他社に比べダントツに多く、転売防止などで後払いが拒否されがちなゲームやPCなどの高額商品やアプリの課金、多くのネットショップ、普段使いのコンビニやスーパーなどの多岐にわたります。

4社共に、利用方法はぼぼ一緒ですがしくみや特徴は微妙に違います。
こういった部分や、利用者による口コミ体験談も併せて紹介します。

もくじ

携帯キャリア決済という後払いの特徴やしくみ

携帯キャリア決済という後払いの特徴やしくみ

契約している携帯電話のIDとパスワード認証を利用することで、ネットショッピングや実店舗で、クレジットカード払いのように商品などを購入できます。
支払いは、翌月の通信代金に合算されることで清算されるしくみです。

現在、キャリア大手3社とソフトバンク系列であるY!mobile(ワイモバイル)でキャリア決済という後払い決済が可能です。

使い方は、LINEなどの有料コンテンツの課金や音楽や動画などのデジタルコンテンツなどの購入はもちろん、ネット通販などの支払いや、コンビニなどの実店舗など、多くの支払いに利用できます。

導入するショップや通販サイトが多いのは、携帯料金と合算される昔から馴染みのある支払い方法ですし、支払わなければ携帯電話も利用できなくなるので、後払い決済の中では代金未回収リスクがほぼないのも大きいな理由かなとも思います。

また、ほとんどの『Google Play』や『App Store』での課金や定期購入、『アマゾン』でのサブスクや商品の支払いも簡単にできてしまいます。
但し、「ワイモバイルまとめて支払い」は若干利用できるサイトや店舗が少なくなります。

 

携帯電話会社のキャリア決済はユーザーでなくても使えるの?

他の携帯電話会社を利用していたり、格安スマホを利用していても利用できますが多少の縛りがあり、会員登録さえすれば、提携しているネットショップや実店舗で利用することができます。

しかし、単刀直入にいうと、携帯のキャリア決済はキャリアのユーザーでなくてもd払いなどでの利用は可能ですがキャリア決済はできません

利用可能という意味は、クレカなどと紐付けが必要になるという意味です。
言い方を変えると、携帯電話料金との合算払いとクレジットカード決済の両方があり、キャリアユーザー以外はクレカ払いになります。

これは、KDDIもソフトバンクも同じです。

ユーザー以外は意味がなさそうですが、ドコモが運営している『dデリバリー』などは、半額ポイントバックなどのポイント還元が豊富です。
dアカウントを取得するだけで注文が可能になり、ポイントがたまっていくので利用している人は多いそうです。

 

携帯会社のキャリア決済の利用方法はさまざま

各携帯会社によって、それぞれに後払いのがあります。

携帯会社 後払いの名称
docomo d払い
KDDI au PAY
ソフトバンク
ワイモバイル
PayPay

キャリア決済は、ネット上での支払いと実店舗での支払いが可能です。

ネットショップでの買い物のやり方は簡単で、支払い方法で携帯キャリアを選ぶだけです。
実店舗で支払う場合は、それぞれのキャリアで利用できるアプリから『バーコード/QR決済』を表示して支払います。

この時に、それぞれの後払い決済を選択すると(チャージ)し、バーコードを読み取り(取ってもらい)実店舗での買い物が可能になります。

また、ネット通販などの場合は、アプリを起動して支払う方法が支流です。

 

携帯会社キャリア決済の限度額や支払い期日

少し前までは、ドコモだけ限度額が5万円でしたが、現在は他社に合わせて10万円になりました。

キャリア 限度額 支払い期日
docomo 10万円 概ね翌月末
KDDI 10万円 概ね翌月末
ソフトバンク
ワイモバイル
10万円 概ね翌月末
支払日は変更もできますし、違う場合もあります。
20歳以上の場合です。未成年者の場合、1~2万円が限度額になります。

 

au PAY『ゆったり後払い』のしくみややり方

2020年5月21日から、KDDIのau契約者に限り、『au PAY』でゆったり後払いが可能です。

普通のキャリア決済との違いは、商品購入から最大2カ月以内にコンビニエンスストアなどで支払えます。

通常のキャリア決算は、使った月の25日〆で月末払いですが、この『ゆったり後払い』はもう一か月先の翌月末まで支払いが猶予されます。
メルカリの後払いであるメルペイと似た猶予期間ですね。

例えば、『auスマートパス会員なら送料無料【Wowma!】』で利用する場合、支払い方法で『ゆったり後払い』を選択するだけで支払期限が最大2か月猶予されます。

 

携帯会社キャリア決済のメリットとデメリット

携帯キャリアのメリット

  • 利用できるネットショップや実店舗が多い
  • 携帯代金と合算なので安心
  • 補償もあり安心できる
  • 支払う手続きがないので楽
  • 実店舗で使えるので有り難い
  • 限度額を自分に合った金額に設定できる
  • ポイントがたまる
  • 個人情報が最低限で済む

携帯キャリアのデメリット

  • 簡単に買えるので多く買いすぎてしまう
  • 余分に手数料がかかる場合がある
  • たまに不正利用のニュースがあって怖い
ソフトバンクの場合は、PayPayと紐付けするだけで利用店舗が大幅に増えます。
「ポイ活」の世界では普通のことですが、d払いアプリでiDを利用するなどの際に、クレカなどと紐付けすると両方のポイントを貯めることができますので利用しない手は無いです。

 

携帯キャリア決済のを導入しているショップや企業

3キャリア可能(ワイモバも一部可)

 

ドコモ(d払い)のみ

 

auかんたん決済

 

ソフトバンク・ワイモバイル

Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピング、各ECショップなど使えるネット通販は多いです。
また、実店舗での利用可能なお店が急激に増えています。
コード決済も今後ますます増えてくると思うので利用しやすくなると思います。

 

ソフトバンクやワイモバイルユーザーがPayPayとを連携させると利用できる店が増大

PayPayとソフトバンクとワイモバイルとを紐づける

PayPayとソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払いを連携させると、PayPayが利用できるお店で後払いで利用することができるようになります。

 

IOS専用
android専用

 

利用方法は簡単です。
PayPayアプリをインストールし、その他のチャージ方法で【ソフトバンク・ワイモバイル】を選び、設定後、希望金額をチャージします。
利用可能金額は、元々のキャリアで設定されている限度額と一緒です。
(満20歳未満20,000円/月、満20歳以上100,000円/月)

 

携帯キャリア決済の利用者の口コミ評価

キャリア決済後払いを利用したことのある人に、使った理由などを尋ね、独自アンケート調査を実施した結果です。
ほぼ加工せず、そのままの声を掲載しています。

dポイントが使えるしお得で支払いも楽だった

女性会社員/関西/20才代 評価

サンプル百貨店でd払いを利用

  • 後払いにした理由
    長年ドコモユーザーの為ポイントがそこそこ貯まっていて、d払いが使えるお店なら貯めたdポイントで支払い出来るのが魅力的で、しかも20%還元のキャンペーンが開催され、お得に始められるタイミングだったのがきっかけで利用しました。
  • 利用してみた感想
    特に難しいことは何もなく、クレジットカードのように番号などを入力する手間もない。
    最初に設定さえしておけば後は購入時の支払い方法をd払いにするだけで完了するので便利。
    実際の支払いは携帯料金に一緒についてきたり、登録したクレジットカードからの引き落としだったりなので、ひとつの買い物でポイントの二重取り・三重取りが可能なためポイントが貯まりやすい。
    ただ、クレジットカードと比べるとセキュリティ面に少し不安を感じる部分があることがデメリット。
  • 今後も利用したい?
    ネットはもちろん、実際のお店でも使えるところがどんどん増えていってるから、買い物して支払い時に鞄から財布をだして、財布からお金をだして、おつりを受け取って…という手間がなくスピーディー。
    その上、現金で支払うよりポイントが貯まりやすいので今後も利用したいと思います。

簡単に買い物ができて便利

女性会社員/鳥取県/20才代 評価

Yahoo!ショッピングでau決済を利用

  • 後払いにした理由
    そのときにスマートフォンしか持っていませんでしたから、クレジットカードの番号をわざわざチェックするのも面倒でしたし、カードの番号ってあまりいろんなところで知られたくないので安全かなと思いキャリア決済にしました。
  • 利用してみた感想
    簡単な暗証番号を入力するだけで他にはなにも要らずで支払いを済ますことができるので楽で良いなと思いました。
    それに、携帯の支払いと合算して払うことができるので明細もきてどれくらい払えば良いのかをすぐに調べることができますし、スマートフォンでもすぐに確認できるのは魅力的だなと思いました。
    ただ、支払い方法が簡単すぎるのでどんどん使ってしまって翌月に支払い額を見て驚くことも多いので、使いすぎには注意しないとなと思っています。
  • 今後も利用したい?
    利用したいです。
    現金と比べて楽なのはもちろんですが、クレジットカードよりは使いすぎを防止しやすいかな?と思うからです。
    限度額の設定も低めにできますし基本的に翌月払いなので急に驚くほど支払い額があることもありません。

初めて使ったけどdポイントが貯まるのがメリット

女性会社員/東京都/40才代 評価

映画のチケットでd払いを利用

  • 後払いにした理由
    どうしても観たかった映画のチケットを購入、席の予約をするために利用しました。
    予約して映画を鑑賞したことがなかったので、電話で映画館に問い合わせたところネットでの予約、購入を勧められたのがキッカケにありました。
  • 利用してみた感想
    慣れないと何度も確認してしまいますが、購入を決め、支払いまでがスムーズにできるので便利に感じました。
    通常、映画のチケットを購入するのに映画館のポイントは貯まっても支払いに対するポイントは貯まりませんが、d払いにしたことでdポイントが貯まるのはメリットに感じました。
    デメリットは、請求が随分と後に感じすっかり利用したことを忘れていて、いつも一緒の請求額だったケータイ料金がグンと上がっていたことにびっくりしてしまいました。

商品はすぐに届くし支払いにいかなくて良いのが便利

男性会社員/愛知県/20才代 評価

コスメサイトでソフトバンクを利用

  • 後払いにした理由
    後払いってどういう仕組みなのかな?という疑問があり利用してみたいと思ったこと。また、手元にその時はお金がなく、収入が入ったら払えそうだったので後払いを利用しました。
    そして、一番は支払い待ちなどの時間短縮のために利用しました。
  • 利用してみた感想
    後払いを利用したメリットは2つあります。
    1つ目は商品が早く届くということです。
    支払いの待ちの時間が短縮されるため、半日から1日ほど早く商品が届き、支払いに行く手間も省けます。
    2つ目は今お金がなくても後から収入があれば買い物ができるという点です。
    今すぐに欲しいけどお金がない時などはうってつけです。
    次にデメリットは後払いにすることで無駄な手数料がかかってしまうことです。
  • 今後も利用したい?
    お金がない時や、商品がすぐに欲しいという気持ちは定期的に湧いてきます。
    ですので後払い決済は今後も利用します。
    とくにキャリア決済を中心に使ってコスメ用品はもちろん漫画などの電子書籍などに利用して生活が豊かになるようにすごします。

ボタン一つで買えるので便利すぎて計画性が必要

女性主婦/愛媛県/20才代 評価

楽天市場でd払いを利用

  • 後払いにした理由
    ちょうど自分の手元に現金がなかったため、口座から引き落としに行くのも、振り込みをするのも面倒だと思い、多少手数料がかかってもボタンの簡単操作のみでとりあえずは購入できる後払い決済を選択して支払いしました。
  • 利用してみた感想
    上記にも述べたように、手元に現金がなくても口座にさえお金があることが分かっていればボタン操作のみで支払い、購入できることがメリットだと思います。
    また、デメリットは手数料がかかることと購入したことを忘れている時があるので月末想定外に口座の預金が減っていたりすると少し予定が狂ってきたりしてしまうことです。
    月に複数の高額な買い物をする場合や、計画性がない方の場合はデメリットの方が大きいかなと感じました。
  • 今後も利用したい?
    今までも何回か利用していることもありますし、トラブルも起きてなく、便利さも分かっているので自分が買い物状況を認知できる範囲、月1~2回の少額のショッピングの際は利用していきたいサービスだと思っています。

初めて使ったけどこんなに便利なんだと驚いた

女性会社員/神奈川県/30才代 評価

化粧品通販でau決済を利用

  • 後払いにした理由
    代引きは手持ちを用意しなくちゃいけないし、前払い後払いのコンビニ決済や、銀行振り込みも支払いに行く手間がかかるので、携帯代と一緒にお支払いができるなら一番楽で時間も使わないので初めて利用してみました。
  • 利用してみた感想
    メリットの方が大きかったです。
    代引きの時は着日を気にしながら、お財布に持ち金があるかなど確認していたことが多く、オンラインで買うのも面倒に思うことがありました。
    コンビニ決済や銀行振り込みも時間が取れず支払い期限ギリギリなことが数回ありましたが、携帯代と一緒にお支払いは手続きをするだけなので、通勤時間にも楽々出来ました。
    荷物が届くのも早くて、とても利用しやすいサービスでした。
    働きながら家事をやっていると、気にしてられないので魅力的なサービスです。
  • 今後も利用したい?
    今後も利用していきたいと思います。
    支払い手続きだけしておけば、あとは荷物の到着を待つだけなので、気にしなくて良いのが助かりますし、支払いが億劫な気持ちや面倒になり、オンライン購入から遠ざかってしまうこともありましたが、このサービスがあればオンライン購入で時間を削減していきたいです。

ポイントが何倍にもなるし一括で払えるから便利

女性主婦/近畿地方/40才代 評価

Amazonでd払いを利用

  • 後払いにした理由
    Amazonで注文をする時は、ほとんどカード払いかATM等の支払いでした。
    でもスマホメールでAmazonでd払いをするとポイント何倍、と言うメールが来るようになり[Amazon、d払い]で検索したら出来ると言うのをその時に知りました。
  • 利用してみた感想
    メリットは携帯電話の支払いと合算出来る事です。
    カード決済と同じですが、わざわざ銀行に行かなくてもd払いを選択したら支払い完了になること。
    代引きの場合は手数料も掛からないこと。
    またATMやペイジー決済の場合は、複数の商品を注文したら支払い番号が別々で発行されるのに対して、d払いは別々の注文でも支払いが合計金額で纏めてくれるから便利です。
    デメリットは財布からわざわざ現金を取り出して支払いをする訳ではないので現金で払うのはちょっと、と言うように今は我慢しようと思うような少し高額な商品でもd払いだからいいか、支払いは来月だしというようになって、気が付いたら携帯料金が高額になってしまっていた事でした。
  • 今後も利用したい?
    利用は今後もすると思います。
    やはり一番は支払いは来月の引き落としだからと考えて、「まっいっか、何とかなるやろ。」って楽観的に考えるのが強いからです。
    d払いが使えるとわかった時から、Amazonを利用する頻度が増えたと思います。
    なので、d払いが無くならない限り利用し続けるでしょうね。

お金がピンチの時に甥っ子の誕生日プレゼントを買いたくて

女性 医療機関の職員/北海道/30才代 評価

Amazonでau決済を利用

  • 後払いにした理由
    手持ちのお金を減らしたくなく、またクレジットカードの限度額も上限すれすれのため使えない状況でした。
    しかし、どうしても甥っ子の誕生日プレゼントを買いたくて色々調べた結果、携帯利用料金と一緒に支払えるシステムがある事を知り利用しました。
  • 利用してみた感想
    メリットは、実際に請求が来るのは翌月となるので、当月にどうしてもお金を使用したくない時に先延ばしして買い物が出来る点です。
    携帯利用料金と合算になるので、請求書のが数が増えることもなく、比較的お金の管理がしやすいところもいい所だと思います。
    デメリットは、携帯のキャリア決済限度額の上限まで簡単な操作で利用出来てしまうので、つい使い過ぎてしまう所です。
    上限額の上げ下げも自分のさじ加減で出来るので、慎重に使わなければすぐに破綻してしまうなとも感じています。
  • 今後も利用したい?
    積極的には利用したくないです。
    理由はデメリットで上げた部分が大きく、携帯のキャリア決済は目に見えないお金で後払い方式、尚且つ手軽に利用出来るので、使い過ぎに注意出来なければ後々の支払いに悪影響が出るからです。

ポイントが使えるからすごく便利でずっと使うと思う

女性主婦/関東地方/30才代 評価

マガシークでd払いを利用

  • 後払いにした理由
    ケータイでたまっているポイントが使えるからよく利用しています。
    ケータイ代との合算でさらにカードのポイントがたまると思うのと、ひとまとめに支払いできるので使い始めたのが最初です。
    最近では、クレジットよりこちらを使っています。
  • 利用してみた感想
    メリットは、なんと言っても簡単なことです。
    また、ケータイのポイントも利用できますし、ケータイ代をカードで支払っているので、ひとまとめに支払いできるのと、分かりやすいところも良いと思います。
    デメリットとしては、やはり、翌月のケータイ代が高額に鳴るので最初はびっくりでした。
    きちんとケータイ代がいくらで、ショッピングがいくら、と管理できればよいですが、使いすぎてもよくわからないまま、という方には向かないかもしれません。
  • 今後も利用したい?
    私の場合は、今後も利用していくと思います。
    何しろケータイのポイントが使えることと、ひとまとめに支払いできることで、ひとつの明細で完結するので管理しやすいからです。
    あとは、なんと言っても簡単なので、今後も利用します。

漫画サイトなど低額のポイントを使うとき手軽で便利

女性会社員/熊本県/20才代 評価

漫画サイトでソフトバンクを利用

  • 後払いにした理由
    スマホで漫画を読んでいて、月額で契約しているポイントを使いきり、ポイントを追加で購入する際にキャリア決済を使った。
    キャリア決済なら、携帯料金と一緒に引き落としされるので払い忘れがないかなと思って利用した。
  • 利用してみた感想
    便利で払い忘れの少ない方法だと思った。
    キャリア決済は、機種にもよるが、設定次第では指紋認証一つで行うことが出来て、とてもスムーズに買い物ができた。
    また、引き落としの際もスマホの利用料金としてまとめて引かれるので払い忘れも少ないと思う。
    一方で、手軽な分、自分がいくら使っているのかの把握をこまめに行わないと使いすぎる気がした。
    同時に、それをする際にはキャリアの方から詳細など確認する手間があるとも感じた。
  • 今後も利用したい?
    今後は、出来れば違う方法で決算をしたいと考えている。
    利便性は感じるが、節約といった面で、ついつい使いすぎてしまうので、自分には少額の買い物は今あるお金から、その時支払う方が合っていると感じた。
    持っているお金が目に見えて減っていく感覚がないとお金を使いすぎてしまう人には、向かない決算方法だと思う。

携帯代金とまとめて一緒に支払えるので便利

女性パート/九州地方/30才代 評価

ノハナでワイモバイルを利用

  • 後払いにした理由
    クレジットカードを持っていなかったし、コンビニなどに支払いに行くのも面倒だなと思っていたら、携帯キャリア決済があったので利用してみようと思いました。
    携帯代金とまとめて一緒に支払えるので便利だと思い利用してみました。
  • 利用してみた感想
    クレジットカードを持っていなかったり、カード情報を入力するのが面倒だったり、セキュリティが心配でも携帯電話会社と同じなので安心できるかなと思いました。
    月々の携帯代金とまとめて支払えるので手間がかからなくて、払い忘れも無くなるのがいいと思いました。
    わざわざコンビニなどに支払いに行く手間もかからないのでよかったです。
    ただ携帯の暗証番号をど忘れしてしまい、暗証番号を携帯電話会社に問い合わせることになってしまい少し手間取りました。
  • 今後も利用したい?
    携帯キャリア決済は月々の携帯代金とまとめて支払えるので、一回で済むところがいいです。
    入力の手間も少なくすみますし、コンビニなどに支払いに行く手間がかからないのが便利なので、これからも利用すると思いました。

 

最後に携帯キャリア決済のまとめ

利用している人も利用できる場所も、現在でも一番多い後払いシステムです。

今後、スマホ決済に代表されるカードレス時代が日本にも確実に訪れます。
現在さまざまなペイメントサービスが覇権争いを繰り広げています。
各携帯会社も、この黎明期以降にどこと連携していくか私自身が興味あります。

関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

トラックバック
トラックバックURL