パンくずリスト
  • ホーム
  • お役立ち情報
  • ネット通販後払い審査や与信が通らない7つの理由~落ちずに簡単に通る方法を探る

ネット通販後払い審査や与信が通らない7つの理由~落ちずに簡単に通る方法を探る

お役立ち情報
後払いの審査や与信が通らない理由~断られる7つの理由と不可にならない対策

最近はクレジットカード払いと同じように気軽に利用できるようになった後払い決済。

後払い決済の良いところは、「審査も簡単で誰でも手軽に利用できる」ところです。

商品が届いてから支払えるので、トラブルにもなりにくく管理もしやすいと最近人気の支払い方法です

一応審査はありますが、クレジットカードを作る際に必要になる、職業や身分証の提出などの細かい条件は必要ありません。

ネットショップに登録済みの名前と住所とメールアドレスと携帯の電話番号だけの簡単な審査で大抵の方は利用できるようになります。

ところが、人によっては心当たりもなく断られることがあります。

初めて使う後払いなのに審査が通らないのには理由があるのです。

その理由は、自分ではどうすることもできない致命的なものから、ちょっとした些細なことまでさまざまです。

そのちょっとした些細なことで断られて、後払いを諦めてしまっている人も意外に多いと聞きます。

そこで、後払いの審査の基準や些細なことで断られないための対策などをまとめました。

後払い決済の与信での審査基準は意外に単純な仕組み

後払い決済の与信での審査基準は意外に簡易

ネット通販の後払いは、欲しいと思った商品を瞬間に買えて、しかも支払いは1~2週間後や翌月、長いものだと数か月先という支払いシステムです。

しかも、※一部を除き銀行やクレジットカード会社が共有している信用情報機関(CIC・JICC・JBA)は関係ありません。

そもそも加盟していないので、審査は各社独自の基準で行われることになります。

ほとんどの、後払い代行会社は、購入者情報を元に独自の基準で与信管理し、個々に後払い決済が可能かどうかを判断しています。

独自の基準といっても、おそらく重視するのは自社での過去の利用歴や住所、電話番号ぐらいです。

クレカなどの審査と違い与信も瞬時から数時間で終わることが多いです。

  • 最近多い、本人確認を含んだ分割払いなどの支払いには、信用情報の共有がある場合もあります。

 

「審査が通らない」後払いを断られた7つのパターン

「審査が通らない」後払いを断られた7つのパターン

 

初めて使う主婦
初めて使う主婦
初めて後払いを申し込んだのに断られたわ

こんな人が意外に多いです。

クレジットカードなどと違い、住所がありスマホを持っているだけでほぼ誰でも審査が通る後払い。

例え無職でもまったく問題ありません。
(職業の在籍確認や年収の報告などがない)

そんな誰でも簡単にできる後払いを申し込んでみて、断られると辛いです。

断られた理由を知りたいと思うはずです。

しかし、どの後払い代行業者も、判断する基準も違いますし、申し込んだ人はもちろん、販売しているショップにも与信審査の基準や断った理由の開示はしていません。

そんな時は、「先人さんたちなぜ断られたか?」後払い決済を断られたパターンを参考にするのが近道です。

断られたケースを7つ紹介しますので、それを参考に対策を講じましょう。

 

 

登録した住所が少しでも間違っていると審査に通らない

登録した住所が間違っていると審査に通らない

一番多いとされているのが、単純な住所の記載ミスです。

与信の審査は、ネットショップに登録した住所で行われます。

そのショップで何度も発送していて、今回が初めて後払い決済にする場合は大丈夫ですが、初めての利用するショップで多いミスです。

例えば、「郵便番号が間違っている」とか、「番地が抜けている」などの些細な記載ミスです。

また、住所がアパートやマンションなのに、部屋番号が抜けているなどの単純なミスでも断られる場合があります。

こんな些細なミスで断られるのは勿体ないので、ネットショップに登録してある住所をしっかり確認してから申し込みましょう。

 

メールアドレスの信頼性が低い場合は注意が必要

メールアドレスの信頼性が薄い場合は注意が必要

一番信頼されるメールアドレスは、プロバイダーや携帯のキャリアのアドレスです。

フリーメールの場合は、どうしても信頼性が落ちます。

しかし、フリーメールのなかでも、Googleやアップルのフリーメールの『Gmail』や『iCloud』では、多くのアプリ決済と連動していて、キャリアメールと同じくらい信頼性が高いです。

ここでいう信頼性が低いフリーメールというのは、所謂捨てアドという『使い捨てメールアドレス』のことです。

フリーメールだけが理由で審査が落ちることは稀だと思いますが、登録するメールアドレスは捨てアドとみなされないアドレスにした方が無難です。

 

SMS認証する電話番号の信頼性が低い場合は注意が必要

電話番号の信頼性が低い場合は認証されないことも

最近の後払いアプリの登録では、SMS認証が増えています。

電話番号を間違えて登録している場合、存在していない電話番号になり審査は絶対に通りません。

また、050から始まるIP電話ではSMS機能(ショートメール)がないので登録できないことが多いです。
格安スマホ(SIMフリー)を利用している場合は、最低でもSMS機能とできれば通話機能をオプションで付けるようにしましょう。

 

  • 自宅の電話番号や音声案内による認証が利用できる会社もあります。
    自宅の電話の方が信頼性は厚いですが、アプリとリンクしている後払いの場合は、携帯(スマホ)番号しか登録できないことも多いです。

 

 

最初から限度額いっぱいまで買い物してしまうのは厳禁

いきなり限度額いっぱいまで買い物してしまうのは厳禁

後払いを申し込むと、審査は買い物の度におこなわれます。

ほとんどの後払い決済代行会社の限度額は、税込み55,000円が大半です。
なかには、限度額が10万円や30万円までや、個人差を設けていて金額は明らかにしていない場合もあります。

利用したことがないECサイトや決済代行会社で、いきなり高額商品や合計金額が限度額ギリギリまで購入し与信審査をすると断られることが多いです。

恐らくですが、表面上の5万円ほどの限度額は、数回後払いで買い物をした人の限度額と思っておいた方が良さそうです。

信頼されている顧客だと判断されるまでは、1~2万円ほどの商品を後払いで買い物をして、返済の実績を作ってから高額商品を購入するのがベスト。

また、消耗品ではない同じ商品を大量に購入したりすると、転売を前提に購入していると疑われます。

最悪引き停止になる恐れもありますので注意しましょう。

 

  • 人によっては、問題なく普通に限度額まで利用できることもあるので個人差が大きいです。

 

転売や現金化が容易な商品は審査が厳しい

転売や現金化が容易な商品は審査が厳しい

リサイクルショップやネットオークション・フリマアプリなどで安易に転売できる商品は、後払い審査が厳しい傾向があります。

例えば、ゲーム機やゲームソフト、希少価値が高そうな限定品などが同じカートに入っていると、後払い審査に通らないことが多いです。

そういった場合は、決済手数料が余分にかかることがありますが、1日ずらすなどして、転売できそうで希少価値がありそうな商品だけを1品だけでダメ元で申し込みしてみましょう。

 

 

以前同じ後払い決済代行会社でトラブルがあった

以前同じ後払い決済代行会社でトラブルがあった

以前どこかのサイトなどで後払いをして、滞納するなどのトラブルになった会社が今回と同じだった場合は審査が通りにくいです。

例えば、3回縛りの後払いだったのに知らずに購入し、1回しか支払っていなく後処理でゴタゴタした会社が同じだった場合などは、トラブルリストに入っていると思われるので審査は当然厳しくなります。

その場合は、諦めて別の決済代行会社を扱っているショップに変更にするなどするしか方法はありません。

 

過去に同じ住所で問題がありマークされている

過去に同じ住所で問題がありマークされている

実家や寮など同じ住所で以前に登録した人が、延滞を繰り返したりしてその後払い代行会社と問題があった場合に後払いを断られた事案がありました。

よくあるのが、テレビ通販やカタログ通販など後払い決済の黎明期に家族が間違えて購入して、そのまま支払いせずにトラブルになったケースです。

戸建ての住所の場合は、家族名義でも住所が同じなら通らなくなるることがあるようです。

また、マンションや寮の同居人が滞納していたり、現在限度額近くまで買い物をしている場合も審査が通りにくくなったとききます。

しかし、ローンやファイナンスなどではないので、ご自身のクレヒス(クレジットヒストリー)は作られていません。

運が悪かったと諦めるしかありません。

クレヒス(クレジットヒストリー)とは?

クレジットカードやローンを組んだ時の個人情報のこと。
日本語だと「支払い履歴」が近い意味です。
契約中は些細な情報もすべて、そのカード会社が加盟している信用情報機関に集められて共有されます。
クレヒスを元にクレジットスコアが算出されます。
クレヒスの状態が悪くなると、他社でのローンなどが組みにくくなったりします。
因みに、日本には信用情報会社が3社ありますが、ほとんどの後払い決済代行業者は加盟していません。

 

メルカリやペイディーに見る最近の傾向

最近は、後払い決済会社も昔の考えと明らかに変化がみられます。

以前は、ただ単に「限度額は一律5万円までです」となっている会社がほとんどでした。

限度額が非公開なのは、『後払いドットコム』だけで、ほとんどの後払い代行会社は5万円の限度額で統一されている現状だったのです。

しかし、ライフカード系の『ミライバライ』では30万円までの限度額が可能になり、しかもクレジットカードのリボ払いのような分割まで可能になってきました。

そして、最近後払い決済業界に参入した、『メルカリのメルペイスマート払い』や『ペイディーのPaidy翌月払い』に至っては、限度額が個人の利用状況によって変動する新しいタイプの後払いシステムが確立しつつあります。

2020年12月現在、両社共に、従来の携帯番号や住所だけの審査に加え免許証やマイナンバーカードとスマホで自撮りすることで本人確認され、限度額が増加し分割払いも可能になったのです。

また、メルカリはドコモなど大手と提携し、Paidyは大手企業から出資を募り、ものすごい勢いで利用できるECサイトが増えています。

そして、この両者の後払いシステムの、もうひとつの共通点が、利用状況や支払い状況によって、限度額に個人差を設けていることです。

例えば、毎月利用状況が多く数万円を使っていて、返済も遅れない人には、毎月使える限度額が増えます。
逆に、支払日が過ぎてしまい遅延になったりすると、限度額が減少することになります。
メルカリの場合は、ユーザーにその都度、毎月の限度額を知らせてくれますので自分でリアルタイムで知ることができます。

しかも、『Paidy翌月払い』は、大手アマゾンや家電業界でも利用が可能です。
アマゾンなど、売っていないものを探すほうが難しいほど商品が充実しています。

もうひとつ、両社ともにアプリでの利用でリアル店舗でのスマホ決済が可能です。
こちらも利用店舗が日々増加中です。

アマゾンの場合は、キャリア決済を除けばクレジットカード払いかコンビニ先払いしか選択肢がありませんでした。

どうしてもクレカ払いを躊躇していてコンビニで先払いしていた層が、ほぼ確実にメルカリのメルペイPaidy翌月払いに移行していると思われます。
理由は簡単です。事故の心配もなくとても楽だからです。

今後は、別の老舗の後払い決済会社にも危機感が生まれ、変化がみられるようになる予感はします。

 

 

後払い決済の体験談(Twitterの反応)まとめ

 

 

後払いの審査が通らない場合のまとめ

最近のネット通販の後払い審査は、『不正注文検知サービス』を利用したリアルタイム与信が支流で時間もかからずに合否の判断をされます。

初めての利用で拒否されるにはそれなりの理由があります。

思い当たる節もなく審査に落ちたのでしたら、まずは登録しているネット通販のご自身で登録したアカウント情報を見返してみることです。

もし間違っている箇所があるのなら、訂正して再度申し込んでみてください。

後払い決済が再度断られた場合は、なぜ断られたのかの回答は得られませんし、残念ですがもう諦めるしかありません。

しかし、審査は商品ごとに行われているので、その商品が通らなかった可能性があるかもしれません。

独自の審査をしているカタログ通販などでは、電話で「審査が通らなかった理由」を質問すると、何がダメだったのか?を教えてくれて、その部分を解決したら審査が通ることもあると聞きます。

また、過去支払いに遅れたことが有っても、安い商品から地道に実績をつくっていけば柔軟に対応してくれる後払い代行会社は多いです。

そして、審査に通ると商品が発送されるわけですが、ショップによってはあえて合否の連絡がなく、普通に発送連絡が来てその連絡が発送連絡を兼ねているという場合もあります。

最後に、何度も言うように、信販会社や消費者金融などの会社の審査と違い、審査(与信)に落ちたとしても、違う商品をまた落ちた会社で申し込みすることは可能ですし通ることもよくあります。

決算代行の会社同士は、まったく照会データなどは共有されていません。
例えば、アマゾンでは不可だったけど楽天市場にも同じ商品がある場合、何事も無かったように審査が通ります。

関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

トラックバック
トラックバックURL