セイノー後払い決済の特徴は?西濃運輸が提供するサービスの使える店や口コミ

後払い決済代行会社
セイノー後払い決済の特徴は?西濃運輸が提供するサービスの口コミや評判

『セイノー後払い』決済サービスは、運送業界大手のカンガルー便でお馴染みの西濃運輸グループが提供している、ネット通販で後払い決済ができるサービスです。
そんな、セイノー後払い決済サービスの利用方法や利用できる限度額、メリット・デメリットなどをまとめました。

セイノー代金後払いサービスの特徴やしくみ

セイノー代金後払いサービスの特徴やしくみ

『セイノー後払いサービス』は、大手運輸会社である西濃運輸グループの「セイノーフィナンシャル株式会社」が行っているサービスのひとつで、ショッピングサイトなどで後払いの売掛金を代行補償するサービスです。

ネットショップ運営者向けの資料によると、他の後払いシステムよりも安く利用できるようです。
その辺が、小さなショップの利用率が大きい要因のように思います。

同業他社が提供している、『クロネコ代金後払いサービス』や『SAGAWA後払い』と仕組みはほぼ同じです。

ここに登録するわけではなく、ECサイトやショッピングサイトなどで、後払いを選択すると、そのショッピングサイトなどに登録した情報を元に審査され大丈夫と判断されると商品が発送される仕組みです。

違いを探すとすれば、審査が通りやすいといわれていることと、珍しいショップが多いことです。

 

セイノー後払いサービスの登録の流れ

セイノー後払いサービスの登録の流れ

後払いの流れは、セイノーフィナンシャルが購入者に代わってショップ事業者へ代金を立替えるシステムです。
購入の仕方や流れはいつもとわからず簡単にできます。

  1. ECサイト、ショッピングサイトで商品を選ぶ
  2. 支払いでセイノー後払いを選択
  3. 与信が完了すると標品が発送される
  4. 商品を受け取る
  5. 前後してセイノーフィナンシャル名義の圧着ハガキで請求書が届く
  6. 支払い期日までに支払う

セイノーフィナンシャルのホームページによると、与信は、5分から2時間で完了し結果は、メール配信されます。

 

セイノー後払いサービスの限度額や支払い期日、支払い方法や手数料

セイノー後払いサービスの限度額や支払い期日、支払い方法や手数料
  • 利用限度額は、他のネット通販ショップも合わせて、税込みで55,000円まで利用できます

支払い期限は、請求書発行日より14日以内です。届いた圧着ハガキに記載されています。
コンビニのレジに、請求書(圧着ハガキ)を持っていき支払います。
また、同じ請求書で、銀行や郵便局でも支払いは可能です。

  • コンビニ
  • 銀行
  • 郵便局

銀行振込、郵便振替の場合は、振込手数料(実費)かかかります。

決済手数料は、ショップや購入した金額によってさまざまです。
無料もしくは200円~600円が多いようです。

支払い期限の14日を過ぎて支払っていない取引がある場合、新たな利用はできません。
また、請求書の再発行、支払い期限後に再度請求する場合は、再請求書発行手数料として一通につき300円が加算されます。

 

セイノー後払いサービスのメリット

  • 大手だから安心
  • カード情報の流出が防げる
  • 小さなECショップなど届くか不安な場合に便利
  • 商品を確かめてから支払える

 

セイノー後払いサービスのデメリット

  • 利用できるネットショップが少ない
  • カード払いのようなポイント還元がない
  • つい多めに購入してしまう

セイノー後払いは、他社の後払いとそれほどシステムに違いはありません。

 

セイノー後払いサービスを導入しているショップや企業

最初に紹介した「ベッセレ」は、グループ企業のセイノー商事が運営しているネットショップです。

 

セイノー後払いサービスの口コミ評価

Twitterの反応のまとめです。

反応が少なく、現在集計中です。

 

セイノー後払いサービスのまとめ

セイノー後払いは、宅配サービスの会社らしく、このサービスを利用しているのは小さなショップも多いです。
そういった小さなショップを利用する場合に一番不安なのは、
果たして

  • 商品はちゃんと届くのか?
  • 画像の通りの商品が届くのか?

に尽きると思います。
そんな場合に、不安が解消される取り引きが商品が届いて、商品を確かめて支払える、後払いのシステムだと思います。

関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

トラックバック
トラックバックURL