後払い決済代行会社が一目でわかる比較表~限度額や支払い期日の早見表

後払い決済代行会社

後払い決済代行会社の限度額や支払い期日の早見表

この一覧表は、「支払い限度額がいくらでいつまでに支払えば良いのか?」が一目でかわる早見表です。
個人差がある場合もあるので目安として利用ください。

ちなみに、すべての後払い代行会社がコンビニ後払いと銀行振り込みが可能です。

 

決算代行サービス名利用限度額(税抜)
返済期日
特  徴
NP後払い
50,000円~
150,000円
14日後
最大手。限度額は利用店によって違う
atone(アトネ)後払い
50,000円
コンビニ10日
振替27日
ローソンでも使える新感覚のスマホアプリ型後払い
後払いドットコム
設定なし
14日後
導入店舗は2番目に多い
GMO後払い
50,000円~
100,000円
14日後
ZOZOのツケ払いは2ヶ月後
Paidy(ペイディー)翌月払い
個人差あり
翌月10日
アマゾンや家電大手で使える。
分割可。超あと払いは3ヶ月後
Tマネーと紐付けでファミマでも利用可能
スコア@払い(ニッセン後払い)
50,000円
14日後
業種は多種多様
クロネコ代金後払い
50,000円
14日後
ZOZOの予約時可
アトディーネ(ATODENE)後払い
50,000円
14日後
一部10万円まで限度額可
ミライバライ後払い
50,000円
14日後
個人ネットショップ多
SAGAWA後払い
50,000円
14日後
個人ネットショップ多
後払いワイド
30万円
毎月1日
本人確認あり、分割可能
メルペイスマート払い(旧:後払い)
5万円~20万円
翌月末
利用限度額は個人の支払い実績重視
楽天後払い
50,000円
14日後
楽天市場のショップはほぼ利用可能
ドコモケータイ払い
10万円
携帯代合算
限度額は個人差あり
auかんたん決済
10万円
携帯代合算
限度額は個人差あり
ソフトバンクまとめて支払い
10万円
携帯代合算
限度額は個人差あり
ワイモバイルまとめて支払い
10万円
携帯代合算
限度額は個人差あり

リンク先は当ブログの説明ページです。
限度額はおおよその価格です。(個人差があります)
ショップによっては決済手数料が発生します。

キャリア決済は、月末締めの翌月末支払いで携帯代金に合算されています。
限度額には個人差が大きく、利用年数や実績によってさまざまです。
また、未成年の限度額は概ね1万円ほどになります。

 

この早見表の便利な使い方

この早見表の使い方

便利な使い方として、後払いが1社の場合はそこでしか後払いができませんが、後払い決済が数社選択できるときに意外と便利です。
例えば、給料日が14日では足りなかったりした場合は、翌月払いも選択できるとそちらで支払えると支払えます。

また、ひとつはすでに利用していて限度額に迫っていたりしたときなど、後払い決済会社ネットショップを変更したほうが支払いが楽になる場合、いちいち支払い期限などを1社ずつ調べなくてもこれをみるだけでパッと簡単に分かります。

そして、『Yahoo!ショッピング』や『楽天市場』』、『au Wowma!(ワウマ)』などの巨大ショッピングモールの場合は、ショップによっていろいろな支払い方法があります。
楽天の場合は、楽天後払いがほぼ使えますが、元々あったその他の後払いの選択肢があるショップも多いです。

関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

トラックバック
トラックバックURL