無審査で作れるBANKIT(バンキット)を徹底検証~おたすけチャージは使えるか?

独自審査・無審査
無審査で作れるBANKIT(バンキット)を徹底検証~おたすけチャージは使えるか?

BANKITは、満13歳以上であればだれでも使って買い物ができるプリペイド式のVISAカードです。

新生銀行グループのアプラスが2020年3月から開始した、クレジットカードがなくても買い物ができる『インターネット専用のVisaプリペイドカード』です。

残念ながら、2020年9月30日にBANKITの後払いの利用を停止していました。

しかし、また再開して使えるようになったので改めて後払いの仕組みを紹介したいと思います。

プリペイド式VISAカードってなに?って思っている方はまずは仕組みなどを理解してください。
詳しい解説はこちらです。

プリペイド式のVISAカードは、たくさんの種類がありますが『BANKIT(バンキット)』には、一般的な機能に比べ他にはあまり見られないサービスがあります。

それは、『おたすけチャージ』という自分のお金以外のお金を後払いでチャージできる、ある意味クレジットカードのような機能です。

このBANKIT(バンキット)について、安全の有無はもちろん、使い方や審査基準、限度額や借りた後の支払い方法などをまとめました。

安心して利用する前に必見の情報です。

BANKIT(バンキット)プリカとは?

BANKIT(バンキット)とは、新生銀行グループのアプラスが始めた『インターネット専用のVisaプリペイドカード』のこと。

スマホアプリのバーチャルカードの他に、リアルカードを発行することも可能です。

3つの特徴

  • 入会金・年会費無料
  • 満13歳から利用可能
  • 審査不要

アプラス』といえば、主にクレジットカード等を発行している信販会社です。
信販会社なので厳格な審査でクレジットカードを発行するイメージです。

しかし、このBANKIT(バンキット)は満13歳から利用できクレジットカードのような厳格な審査もありません

  • お助けチャージを利用する場合は、審査もありますし18歳未満は利用できません。

余談ですが、アプラスは主に、ECショップや家賃などで、商品を受け取ってから支払う後払いのコンビニエンスストア決済システムの代行をしています。

 

「おたすけチャージ」に「おたすけチャージ+」が新たに加わる

以前からあった『おたすけチャージ』という後払いのチャージシステムに『おたすけチャージ+(プラス)』が加わりました。

『おたすけチャージ+』は、2021年8月10日から新しくできたサービスで、おたすけチャージよりも多い金額の後払いチャージが可能です。

そして、「おたすけチャージ」と「おたすけチャージ+」両方ともに、事前に本人確認が必要になりました。

 

「おたすけチャージ」と「おたすけチャージ+」の違い

「おたすけチャージ」や「おたすけチャージ+」の大きな違いは審査方法と限度額になります。

 

おたすけチャージ
  • 本人確認登録し利用
  • 18歳以上
  • 3,000円または6,000円
  • 信用機関への登録なし
おたすけチャージ+
  • 本人確認登録し利用
  • 20歳以上
  • キャッシング10万円
    ショッピング50万円
  • 信用登録機関へ登録あり

上の表を見てもらえばおわかりいただけますが、一番大きな違いは「おたすけチャージ+」を登録すると信用情報機関に登録されることです。

「おたすけチャージ+」はアプラスのクレジットカードを作るのとほぼ同じ意味なのではないでしょうか。

一度もクレカを作ったことがなかったり、学生や無職の人、または以前、クレカなどで事故があり返済履歴がよろしくなく、クレヒスのスコアが悪いと審査が通らないこともあります。

 

 

「おたすけチャージ」「おたすけチャージ+」本人確認の登録方法

本人確認の方法は2種類あります。

  1. 顔写真つきの本人確認書類1種類と、ご自分の顔写真を撮影して申請する「オンライン本人確認」
  2. 顔写真つきではない本人確認書類を2つ提出する方法

オンライン本人確認に必要なものは運転免許証、パスポート、マイナンバー、在留カードのうちのどれか1つです。

顔写真付きの本人確認証を持っていないときは、次に紹介するA群から2点、またはA群から1点B群から1点を撮影してアプリに提出します。

A群
  • 各種健康保険証
  • 年金手帳
  • 特別永住証明書
  • パスポート
B群
  • 国税または地方税の領収書、または納税証明書
  • 社会保険の領収書
  • 公共料金の領収書(電気、水道、都市ガス、NHK、固定電話)

本人確認書と顔写真を撮影して、アプリに送信するだけです。

他の領収書(プロパンガス、携帯電話料金)や、公共料金の請求書、口座振替の通知書は使えません。

毎月第4日曜日の23時30分~9時は、BANKITがメンテナンスをしているので、本人確認の申請できないようです。

本人確認が終わると、アプラスからお礼状が届きます。

本人確認には、通常3~5営業日かかるようです。
当日に急に入用になっても利用はできません。
利用しなければ、手数料もかかりませんので、イザというときがあると思う人は、本人確認だけは済ませておくのもひとつの手段です。

BANKIT(バンキット)の審査基準と限度額

以前の「おたすけチャージ」の限度額は、例えば最初は5,000円でも半年ほど経つと1万円になったりして、きちんと支払いしていると徐々に増えていくシステムでした。

新しくなったBANKITの「おたすけチャージ」の場合、3,000円または6,000円で固定のようです。

「おたすけチャージ+」の限度額は、キャッシング10万円でショッピング50万円とほぼクレカの仕様です。

その代わり、後払いの最大のメリットのひとつである無審査ではなく、信用登録機関へ登録されてしまいます。

「おたすけチャージ」は限度額が今後増えるのかは審査基準も併せて、現在調査中なのでもうしばらくお待ちください。

支払期限は、利用時に翌月の返済日まで決めなければいけません。
余裕をもって月の末日にしておくべきかと思います。

 

BANKIT(バンキット)プリカの登録は簡単

BANKIT(バンキット)プリカの登録は簡単

登録はスマホからアプリをダウンロードするだけで完了します。

  1. アプリダウンロード
  2. アカウントの新規作成
  3. 利用規約に同意する
  4. 電話番号を入力
  5. 6桁の認証コード入力
  6. ユーザー情報を入力
    • ニックネーム
    • メールアドレス
    • パスワード
  7. 登録したメアドに6桁の認証コードが送信される
  8. 6桁のパスコード設定
  9. 指紋認証の有無
  10. ユーザー登録完了
実際に登録してみましたが5分ほどで完了します。
必要なのは、メアドとスマホの電話番号だけです。
この時点では本名も必要ありません。

 

BANKIT(バンキット)プリカの主な機能

BANKIT(バンキット)プリカの主な機能

BANKIT(バンキット)プリカには、さまざまな機能があります。

 

  • メアドと電話番号を登録するだけで、Visaプリペイドカードが持てる
    登録費も年会費も無料です。
    ネットショッピングやゲーム課金、動画配信サービスなどのネット決済にご利用いただけます。
  • BANKITでお金の送金が可能
    BANKITを持っているもの同士で現金チャージ分の送金ができます。
  • 現金の引き出しが可能
    セブン銀行ATMで現金チャージ分の引き出しができます。
  • リアルカードの発行が可能
    本人確認済でリアル店舗での利用を希望する場合、500円+消費税でリアルカードの発行が可能です。
  • アプリで簡単管理
    ご利用明細書はアプリで簡単に確認が可能です。また、リアルカードを紛失した場合もアプリから簡単に停止できます。
  • おたすけチャージ機能がある
    手持ちのお金がなくても支払いが可能になります。
アプリ型のVisaプリペイドカードです。
アプリはスマホのみでタブレット利用できません。
提携しているリアル店舗でのQRコード決済も可能です。

 

 

BANKIT(バンキット)の最大の特徴は”おたすけチャージ”機能

ご自身のスマホなどにこのBANKITアプリをダウンロードして利用します。

ご存じのように、Visaデビット(Visaプリペイド)は、クレジット機能がない場合チャージしなければ残高がなく利用できません。

BANKIT(バンキット)にはチャージする方法が4つ用意されています。

  1. ATMからのチャージ
  2. クレジットカードからのチャージ
  3. 銀行振り込みでのチャージ
  4. お助けチャージ機能

BANKITを使って買い物する場合は、この上記の4つの方法でBANKITアプリにチャージしなければいけません。

は、一般的なVisaデビットの機能です。

がこのBANKITの最大の特徴である『お助けチャージ機能』というチャージ方法です。
ざっくり簡単に説明すると、一時的にお金を借りる形になり、後払いで商品を支払いうシステムです。

 

 

おたすけチャージの手順

  1. アプリTOP画の「チャージ」ボタンを押す
  2. アプリTOP画面の「チャージ」ボタンを押す

  3. ご希望のチャージ金額、10,000円か30,000円を選択する
  4. ご希望のチャージ金額、10,000円か30,000円を選択する

  5. ご希望の「おたすけチャージ精算日」を選択し「決定する」ボタンをタップ
  6. ご希望の「おたすけチャージ精算日」を選択し「決定する」ボタンをタップ

  7. チャージ金額、手数料、精算日を確認のうえ、「はい」ボタンをタップ
  8. チャージ金額、手数料、精算日を確認のうえ、「はい」ボタンをタップ
    チャージ金額、手数料、精算日を確認のうえ、「はい」ボタンをタップ

おたすけチャージには手数料がかかります。
内訳は、3万円チャージの利用時に1,000円、1万円チャージ利用時500円です。

 

BANKIT(バンキット)のネット上の反応や口コミ

ツイッターの反応をまとめました。

 

 

 

BANKIT(バンキット)まとめ

BANKITの解説は以上です。

BANKITの『おたすけチャージ』は、今日すぐに使いたくても本人確認が必要になり3日前後かかります。

作っても利用しなければ年会費もかからず無料なのでもしもに備えて作っておくのもアリだと思います。

ただし、「おたすけチャージ」と「おたすけチャージ+」では仕様が違うのでご注意ください。

BANKIT プリペイドカードを簡単に作れるアプリ

BANKIT プリペイドカードを簡単に作れるアプリ

APLUS Co.,Ltd.無料posted withアプリーチ

関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

トラックバック
トラックバックURL