パンくずリスト
  • ホーム
  • お役立ち情報
  • お肌のシミ対策はタイプによって違う~ケア商品を買う前に知るべき4種類

お肌のシミ対策はタイプによって違う~ケア商品を買う前に知るべき4種類

お役立ち情報
お肌のシミ対策はタイプによって違う~ケア商品を買う前に知るべき4種類

歳を重ねるごとに少しずつ気になり始める「お肌のシミ」。
昨今、シミ対策のケアはどれから手を出せばいいのかわからないぐらい沢山の情報がありますよね。

スキンケアと同様に、シミ対策も個人に合った商品を使わなければ効果が出ません。
いろんなケア商品を使ってみたけれど、効果がない…これが正しいケア方法なのか不安…そういった悩みを抱えている方は沢山います。

自分に合ったシミ対策をするためには、「そもそもどうしてシミができるの?」というシミのメカニズムを知ることで、自分の生活と照らし合わせて対策をすることができるようになります。

今回はシミができるメカニズムを紐解きながら、失敗しないシミ対策についてご紹介したいと思います。

お肌のシミはどうやって出来るの?シミができるメカニズム

お肌のシミはどうやって出来るの?シミができるメカニズム

シミの大きな原因の一つに紫外線が挙げられることはとても有名ですよね。
この紫外線を受けることにより、皮膚は肌が黒くなる原因になる「メラニン」を生成します。

メラニンはそもそも、紫外線から肌を守る役割をしています

私たちの肌は、紫外線を浴びると皮膚の中で炎症を起こします。

炎症が起こると、メラノサイトという「メラニンを作る工場」で沢山のメラニンを作り出します。
それにより、紫外線を遮断する黒の色素で肌を守ろうとします。

この一連の動作が、紫外線から受けるダメージを皮膚の内側まで入れないようにしてくれるのです。

メラニンは本来、役目を終えた後にターンオーバーと共に体外に排出されていきます。
しかし、排出されきらずに残ってしまったメラニンが「シミ」になってしまうのです。

上記のようにして、できるシミを予め防ぎ、ケアをすることでお肌の健康を保つことができるようになります。

 

お肌のシミには大きく分けて4つのタイプがある

お肌のシミには大きく分けて4つのタイプがある

よくメディアなどで取り上げられるシミは、加齢によって肌が老化して起こるものとされている印象がありますが、シミにも沢山の種類があります。
ここでは、シミを4つのタイプ別にご紹介するので、ぜひご自身がどのタイプに当てはまるか探してみてください。

 

  1. 肌老化によって起こるシミ
  2. 紫外線の影響や、肌の老化によって起こるシミです。肌のターンオーバーが正常に行われないことで、どんどん皮膚の中にメラニンが蓄積されていきます。
    数ミリ~10数ミリなど、大きさは様々。丸く、薄い茶色だったものが段々と濃くなっていくことが特徴です。

     

  3. そばかす
  4. そばかすもシミの一種です。遺伝的な要因が大きく、幼少期~思春期の間、皮膚が薄いタイプの人にできる傾向があります。
    また、基本的には薄茶色ですが、紫外線量によって濃くなってしまうこともあり、大人になってからも残ってしまうことがあります。
    2、3ミリの小さな点で、三角や四角といった形のシミが広がります。

     

  5. キズ跡が原因のシミ
  6. ニキビや吹き出物、怪我をした際のキズ、虫刺されなどが治った際に出来る跡もシミに分類されます。
    特に、ニキビを潰したり、かさぶたを剥がしてしまうなど刺激を与えることでダメージが進んでしまいます。
    色や大きさも様々で、赤いままのものや黒くなってしまうものまでさまざまです。

     

  7. 骨の辺りに出るシミ
  8. 更年期の女性に多く見られるシミです。
    紫外線の影響に加え、生理周期のズレなど女性ホルモンがくずれることでひき起こります。
    額や頬、顎など骨の辺りに出ることが多く、あざのように感じていたものがこのシミであることも多いようです。

 

お肌のシミのタイプ4種類別の的確なケアが大事

お肌のシミのタイプ4種類別の的確なケアが大事

シミのタイプがわかったところで、ここでは実際に各タイプ別のシミのケアについてご紹介していきます。
ご自身のタイプに合わせてケアをしてみてくださいね。

 

  1. 肌老化によって起こるシミ
  2. 大切なのは、とにかく紫外線を避けること。屋内外問わず、日中は必ず日焼け止めを塗りましょう。
    肌老化によるシミは、定着してしまうと治療が必要になります。
    初期の薄い色のシミにはスキンケア化粧品の効果がありますが、濃いシミには効果が発揮されません。

     

  3. そばかす
  4. 皮膚が薄く、紫外線に弱い方が多いこのタイプ。
    屋内外問わず日焼け止めを塗ることが必須です。
    基本的に、スキンケア化粧品の効果は出にくいとされているため、これ以上増やさず濃くしないことを重視する必要があります。

     

  5. キズ跡が原因のシミ
  6. 洗顔の際に擦りすぎることで余計に色素沈着してしまう恐れがあるため、必ず泡で優しく洗いましょう。
    スキンケア化粧品が効きやすく、正しくケアをすれば綺麗になる可能性がとても高いと言われています。

     

  7. 骨の辺りに出るシミ
  8. こちらも、徹底的な紫外線対策が必要です。
    また、傷跡が原因のシミと同様に洗顔時の擦り洗いによって悪化することがあります。
    女性ホルモンが原因であることが多いため、生活習慣の見直しが必要です。
    このタイプのシミは、スキンケア化粧品も有効に活用ができるとされています。

 

生活習慣を見直し美しい肌を目指す

生活習慣を見直し美しい肌を目指す

シミの主な原因は紫外線ですが、その他にも栄養不足、運動不足など身体の不調によってあらわれることも多くあります。

ケアを試してみているけれど、どうしても効果がないという方は、生活を見直すことで改善につながるかもしれません。

また、ストレスや疲労など、精神的な負荷もお肌には大敵。
睡眠をよく取り、自律神経を整えることでお肌のターンオーバーも自然に促されるようになります。

実は私自身も、ストレスで生理が遅れてしまっていたときに上記でご紹介した顔の骨周りにシミが出来てしまっていました。
今は生活を見直し、正しいスキンケアを取り入れることで改善に向かっています。

肌は目に見える臓器と言われています。

身体の不調により、ターンオーバーのバランスが崩れるとシミとなって現れるなど肌にも様々なトラブルが起こってしまいます。
身体の健康と共に肌の健康を保ち、より良い生活を心がけていきましょう。

 

 

この記事を書いた人:小田みおサン

関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

トラックバック
トラックバックURL