マスク移りやパンダ目を防ぐコツはパウダー~簡単に目元美人にする3つの技

Amazonで購入可能なオススメ - ウィズコロナ(共存/共生)
マスク時のパンダ目を防ぐコツはパウダー~簡単に目元美人にする3つのポイント

コロナ禍以降、外出の際には、マスクを着用が当たり前になりました。

これは、感染リスクを減らすためには仕方がないことですし、ワクチンが開発されるまで、ずっと続くのだと思います。

そこで、これまで以上に気になるのが、目元メイクのヨレや崩れですよね。

マスクをすると、口元やチーク部分が隠れてしまうからこそ重要なアイメイク

目元のメイクがきちんと整っていれば、全体の印象がぐっと良くなります!

私自身も仕事柄必ずメイクをしなければいけないのですが、マスクのせいでパンダ目になってしまうことが多くとても悩んでいました。

私なりに試行錯誤でたどり着いた方法、こういったパンダ目のトラブルを回避してマスクでもメイクを存分に楽しみたい方に向けに、マスク時の目元メイクに押さえておきたいポイントなどを紹介したいと思います。

マスクを付けるとパンダ目になる理由

マスクを付けるとパンダ目になる理由

パンダ目というのは、マスカラやアイシャドウが目の下に付いてしまうという1番避けたい状態のことですよね。

ウォータープルーフのマスカラを選んでいなかったり、肌に合っていないコスメを使っているなど原因はさまざまです。

なぜかマスクをしているといつもよりもパンダ目になってしまう気がしませんか?

コロナ禍で、外出時にマスクをすることが必須になったのと比例して、この悩みの女性が急増しています。

ここではその原因についてマスクならではのメイク崩れの原因を解説していきたいと思います。

 

パンダ目はマスク内部の湿気が原因

実は、私たちの息は37度近くもの高温であるということをご存知でしょうか?

その熱い息に含まれる水蒸気は外部の空気に冷やされると水になります。

この水は、マスクをしていない状態では常に空気中に放出されますが、マスクをすることによってマスク内部に湿気として閉じ込められてしまいます。

この湿気がマスクの目に近い部分から少しずつ漏れて目にかかることで、目元のメイクが溶けてしまいやすくなります。

そのため、きちんと目元メイクが崩れないような基礎を作っておかなければ、マスクをしていない状態に比べて目元のメイクがとても崩れやすくなってしまうのです。

この目元のメイクの崩れがいわゆる「パンダ目」に繋がります。
湿気によってアイシャドウやマスカラなどが落ち、瞬きをした際に下瞼にメイクが移ってしまうのです。

マスクをしている時にいつもよりもパンダ目になりやすいと感じている方は、きちんとメイク方法を見直すことで綺麗な目元を持続させることができるかもしれません。

 

マスク用のアイメイクでパンダ目を防ぐ3つのポイント

マスク用のアイメイクでパンダ目を防ぐ3つのポイント

実際にマスクをしているとき、どのように目元メイクをすれば良いのでしょうか?

パンダ目を回避しながら綺麗に見えるメイクのポイントを3つご紹介します!

 

目元もティッシュオフをしっかり行う

頬やおでこのティッシュオフはしても、意外と目元のティッシュオフは見逃しがちです。

まずは洗顔後、スキンケアをした段階で一度目の周りに優しくティッシュを乗せて余分な皮脂をオフします。
その後ファンデーションまで終わった後にもう一度目の周りにティッシュを乗せ、今度はファンデーションをオフします。

この時、特に目の下の涙袋の上をしっかりオフすることで、更にパンダ目を防ぐ効果が出ます!

 

パウダーを涙袋にしっかり乗せる

ファンデーションの後、顔全体にパウダーを乗せる方が多いと思いますが、とくに目の下にパウダーをしっかり乗せることでパンダ目を軽減することができます。

マスクをする時、パウダーをしっかりと使うことでマスクへの化粧移りをかなり防ぐことができます。
その原理を活用して、涙袋にぽんぽんと多めにパウダーを乗せてあげましょう。

パウダーで目の周りのヨレを防ぐことで、余計な水分を弾いてヨレにくい目元を作ることができます。

 

アイシャドウを必ず涙袋に乗せる

涙袋にパウダーが乗っている状態で更にアイシャドウを乗せることで、よりパンダ目防止の効果を高めることができます。

この工程をしっかり行うことで2種類のお粉が涙袋に乗ることになるので、マスカラやアイライナーが涙袋へ移ってしまうことを防ぎ目元の美しさを持続させます。

あまり濃い化粧にしたくないという方は、肌の色に近い薄めのアイシャドウがおすすめです。

 

絶対にパンダ目にならないマスクの目元メイクにおすすめのパウダー4選

絶対にパンダ目にならないマスクの目元メイクにおすすめのパウダー4選

パンダ目にならないコツの中でも、特にしっかりとやってみてほしいのがパウダーの工程

なかなか目元のメイクにパウダーを使ってみるという方は少ないかもしれませんが、目元専用のパウダーが出ているほど実はとても大切なポイントなのです。

パウダーといえどいろいろな種類があるので、今回は特に目元に特化しておすすめなできるパウダーをご紹介します。

 

ローラメルシエのパウダーはマスク時のアイメイクにオススメ

目元用パウダーとして誕生したローラメルシエのパウダー。
ヨレにくいためマスクメイクにぴったりです。
粉っぽくなりすぎず、ハイライト効果もあります。

 

ETVOS(エトヴォス) ミネラルシルキーベールはマスク時のアイメイクにオススメ

夏場にとても人気が高いETVOSのパウダー。
ミネラル成分でさらさらとした触り心地が魅力です。
ソフトフォーカス効果があり、目元に使いやすいアイテムです。

 

イニスフリー(innisfree) ノーセバム ミネラルパウダーはマスク時のアイメイクにオススメ

粒子がとても細かく、目元に使うパウダーとして役立つアイテムです。
プチプラなので気軽に買って使いやすいですし、髪の毛にも使えるなど汎用性が高い点も特徴的です。

 

キャンメイク マシュマロフィニッシュパウダーMOはマスク時のアイメイクにオススメ

プチプラの王道なキャンメイクのマシュマロフィニッシュパウダー。
粉質も程よく、プチプラとは思えないほどの効果を発揮することで有名なアイテムです。
しっとりとした質感なので、アイシャドウとの相性も◎。

 

パウダーを目元に使ってマスクメイクを攻略しよう

目元のメイク崩れは、マスクをしている以上なかなか防げないですよね。
でも、しっかりと朝の準備で目元にパウダーをしっかりと重ねてあげることでかなり軽減することができます!

目元メイクに自信を持てれば、マスクメイクは大成功。パウダーやアイシャドウの他にも、マスカラやアイライナーは必ずウォータープルーフの商品を選ぶことが大切です。

マスクをしていても毎日楽しくメイクができるように、一緒にマスクメイクを極めましょう!

 

 

この記事を書いた人:小田みおサン

 

上記で紹介している商品は、他のサイトや実店舗でも購入可能ですが、本文の中のリンク先は、商品説明も兼ねてアマゾンになっています。。
ご存知のようにアマゾンでは、紹介した商品すべてが翌日配送や後払い決済が可能です。

 

支払える後払いの方法
  • アマゾンは『Paidy翌月払い』のシステム
  • 利用限度額:非公開
  • 支払い期日:翌月10日
  • 決算手数料:350円/月

Paidy翌月払いのしくみや評判などの詳細はこちらにまとめてあります。

関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

トラックバック
トラックバックURL